赤ちゃんに水素水

水素水の利用には3つの方法がある

水素水を家庭で使うには、出来ているものを購入するか、自宅で作るかのどちらかになります。

自宅で作る方法としては、マグネシウムスティックを購入して水道水から作り出すか、水素水サーバー(電気分解装置)を使うかのどちらかになります。

気軽に低コストで作りたいというのであれば、マグネシウムスティックがいいでしょう。
このマグネシウムスティックとは、マグネシウム単体ではなく、マグネシウムを含んだスティックタイプ状のセラミックスのこと。初めて作る、お試し感覚で手軽に作れるものなので、水素水が続けられるかどうかちょっと不安な人には最適。

作り方は簡単で、水道水と一緒にペットボトルに入れておくだけです。

ただ、マグネシウムの濃度には注意するようにします。
それほど多くはないとはいえ、純度が高いマグネシウムを含む製品を選ぶのがいいでしょう。
なぜなら、使い続けるうちにマグネシウムスティックはどんどん小さくなるからです。

純度が高いほど長持ちするのでコスト的にも楽です。
また、水素水を作る容器の中に空気が存在すると、空気中に水素が逃げてしまいますので、余分な空気を残さないように水をこまめに継ぎ足すようにしましょう。

一方、水素水サーバーでは、電圧による電気分解で水素を発生させます。
電気分解によって生まれる水素は、その粒子が小さく酸素と結合しやすいといった特徴を持っています。不純物を含まない水素水を作るのには最適です。

ただ、ちょっと高額。
しかも、定期的にカートリッジを交換する必要がありますので、初期コストだけでなくランニングコストも必要となります。

水素水を用意できたら、実際に活用していきます。
服用するのが定番ですが、水素の粒子は小さいことからも皮膚からの摂取も期待することができます。

お風呂の水を水素水にしたり、料理で使う水を水素水にしても。
前者ではお肌の水素を効率よく吸収することもできます。

最近では、エステやスポーツクラブでも導入されてきているのだそうです。
いろいろな活用方法がありますので、自分に合った方法、そして適した購入方法を選ぶといいですね。

色んなマグネシウムスティック