赤ちゃんに水素水

水素水の導入方法で異なる価格

水素水の購入方法には、すでに出来上がっている水素水を購入するのか、水素水の元を購入して自分で作るのか、それとも水素水を作り出すサーバーを購入するのか…のどれかになります。 どの方法をとるかでかかるコストは違ってきますので、予算内に収まるように最初にある程度の計算はしておきましょう。

まず、出来上がっている水素水となれば、ミネラルウォーターなどに水素ガスをバブリング充填させた、アルミパウチ容器やペットボトル、アルミ缶などになります。すぐに水素水を飲めることができ持ち運びも楽ですが、製造・出荷された時点から水素は抜けていることになります。

ペットボトルタイプでは2日後にはほとんどないといわれており、アルミパウチ容器ではキャップの部分から抜けていっているようです。未開封であっても、水素は物質の中でも一番小さい分子ですから、容易に抜けてしまうのですね。

価格では、ほとんどが100ml当たりの100円を超えるといったなかなかの高額商品。
続けるにはコストが高いといえます。

また、水素水の元となるものを使って自分で作る方法。これはマグネシウムスティックになります。
水の中に入れることで常に水素を発生させることができ、その濃度をキープする事ができます。
ペットボトルなどに入れて持ち運びができるので、いつでもどこでも水素水を飲むことができるといったメリットが。

気になる費用もそこまで高くなく、1本当たり25円以下といったところです。
ただ、化学反応で水素を発生させているので、水素濃度が一定の値になるまで時間がかかります。
ですから、就寝前に水にマグネシウムスティックをセットして、翌朝になってから使用するといった使い方をする人がほとんどです。

そして、サーバーを使って作るには、「水素水サーバー」や「アルカリイオン還元水」といった名前で販売されている、水道直結の卓上型浄水器を使います。
すぐに一定量の水素が含まれた水素水を作ることができますが、ちょっとコスト面でお金がかかることに…。

初期費用としてはサーバー本体を、そして継続的に使う為にカートリッジを定期的に購入する必要があります。本体価格としては数万円といった高額商品が多く、カートリッジに関しても数千円から高いものだと1万円を超えるものもあるようです。

しかも、注いだらすぐに飲まないと水素が逃げて普通の水になりますから、持ち運びはできません。電気代もかかりますし、アルカリ性の水素水を生成したものになるので、酸性水も同時に作られてしまうといった事も。
選ぶ際には、酸性の水ができないサーバーを選ぶようにチェックが必要です。

水素水に導入方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。
自分がどういった使い方をしたいのか、そして長く続けられるのかどうか、そして続けるのであればどれぐらいの費用であれば毎月捻出できるのか…などから選んでいかなくてはいけません。

まずはお試しでという人は、ペットボトルやアルミパウチ容器タイプ、マグネシウムスティックがいいでしょう。本格的にやりたい人は、費用はかかりますが水素水サーバーがおすすめです。